HOME >  仕事を楽しくする仕出し弁当の選び方 >  栄養満点ヘルシー志向なら

栄養満点ヘルシー志向なら

ここでは、素材の味を活かした京都家庭料理であるおばんざいを中心に、ヘルシーなお弁当の選び方をご紹介します。また、低カロリーで栄養バランスの取れたお弁当の特徴なども紹介しています。

ヘルシーなお弁当「おばんざい」って?

「おばんざい」とは、京都で日常的に作られる家庭料理のこと。「お飯菜」や「お番菜」とも書きます。四季折々の季節の素材、手近な食材を用いて、手間をかけずに素材を使いきるメニューが特徴です。あまり日持ちしないメニューは食べきるだけ作り、その他は作り置きの常備菜でまかないます。現在ほど冷蔵庫が普及していなかった時代、なるべく素材をムダにしないようにと生み出された京都の伝統的な知恵なのです。

大阪「れんが亭」のおばんさい弁当

おばんざいには「コレ!」と決まったメニューはありません。京都の家庭料理である「おばんざい」は、健康志向の方に人気の宅配弁当です。おばんざいの特徴は、季節の野菜の煮物や佃煮など、素材の味を最大限に活かしたメニューが豊富であること。(※写真は、私のお気に入りの宅配弁当屋さん「れんが亭」のおばんさい弁当です。)

おばんざいは全体的に薄味でシンプルな味付け、素材そのものの味を活かした優しい味を楽しめます。美味しい食材のうまみを余さず味わって欲しいという、作り手の真心がこもった料理です。おばんざいとよく比べられるのが京料理ですが、京料理はよそ行きのお客様に出すおもてなし料理であることが大きな違い。贅沢な素材を使わず、見かけも地味だけどホッとする家庭の味。それがおばんざいです。

配達弁当を健康的な食生活に活用

最近は自分でお弁当を作ってくる人も増えて来ましたが、まだ大半の方が外食や市販の弁当類で済ませているのではないでしょうか。しかし、自分の好みに合わせてメニューを選んでいると、つい好きな物ばかり選んだり、栄養バランスが二の次になってしまったりします。そこでオススメなのが、ヘルシーなおかずがたっぷり詰まった配達弁当です。

市販の弁当と違いできたてのものを味わえるので、保存料や添加物が少なく済みます。それに、配達弁当を専門としている専門店であれば、味や栄養のバランスもばっちりです!

以下に、メニューを選ぶときに気をつけたいことをまとめてみました。

●揚げ物は少なめに
成人病の敵であるコレステロールを高める油や食材が多く使われているため、健康を考えるならなるべく控えめにするのが賢明です。

●一品ものより定食タイプを
丼物などの一品ものは使用される食材が少なく、栄養バランスが偏りがち。定食タイプは主菜の他に副菜が何品かつき、野菜も多く使われるため栄養バランスが良くなります。少量で満足感が得られるんですよ。

●洋食よりも和食を選んで!
洋食はその調理法からどうしても油やコレステロール・カロリーの高い食材が多くなりがちです。比べて和食は油を使わない煮物や和え物、焼き物が多いのが特徴。カロリーもグッと少なくなります。