HOME >  仕事を楽しくする仕出し弁当の選び方 >  業界人も御用達!ロケ弁

業界人も御用達!ロケ弁

ここでは、ビジネスミーティングやセミナーなどで使えるロケ弁当の活用法についての情報を集めました。用途に合わせてメニューを変更してくれる、配達エリアが広いなど、宅配弁当業者の選び方についても紹介しています。

ロケ弁の活用法

ロケ弁とは、映画やテレビなどの撮影・収録現場などで用意されるお弁当のこと。野外や狭いスペースでも食べやすいよう、メニューや器が工夫されています。おかずの内容は、肉・魚をメインとし、サラダや煮物などの副菜がつくものが一般的。おかずは箸で切らなくても食べられる一口サイズ、手で気軽につまめるおにぎりになっているなど、食べる人への配慮がなされているものが良いロケ弁です。

ロケ弁と言うと「芸能人や業界関係者が使うもの」と思っている方が多いかもしれませんが、そんなことはありません。ビジネスミーティングや勉強会などの場でも利用できますし、残業などにも活用できます。

利用するシーンによってお弁当の内容を変えてもらえるとなお◎。ビジネスミーティングや勉強会などでは、スタミナやヤル気アップを目的にボリューム感重視。残業は夜食になるので消化の良いものを入れて欲しい…など、こちらのリクエストに対応してくれる宅配弁当業者をオススメします。

配達エリアが広く、サービスが充実した業者を選ぼう

ロケ弁は、基本的に仕事の「現場」で食べるお弁当です。ですから、ロケ弁を取り扱う宅配業者には広範囲をカバーしている場合がほとんどです。勉強会やセミナーなどでは、会社以外の会場を借りて行う場合もあるでしょう。そんなとき、宅配弁当業者の配達エリアが広いと助かります。

急な注文にも対応できるかどうかも大事なポイントです。「注文は配達予定日の数日前までに」という業者が多いですが、前日に予約して翌日に配達してくれる業者もあります。こういう業者を押さえておくと、いざという場面で本当に役に立つものです。私の利用している業者はメール注文なら24時間可能。これも嬉しいサービスです。

また、発注しやすく、注文の確認を確実に行なってくれるかどうかも重要です。当日になって「数が違う、内容が違う、配達時間が違う」などという連絡ミスが起きたら一大事。きちんとスタッフが確認の電話をしてくれる業者を選びましょう。そのとき、アレルギー表示のある食材の説明や、美味しくお弁当を食べられるような配達時間の調節など、細かい配慮をしてくれるとなお良いですね。