HOME >  仕事を楽しくする仕出し弁当の選び方 >  軽食にも便利な大阪の宅配弁当とは?

軽食にも便利な大阪の宅配弁当とは?

この記事では気軽に利用できる大阪の宅配弁当について解説します。

宅配弁当ショップの軽食サービス

大阪の宅配弁当は、毎日の食事に便利なサービスです。朝晩は冷凍の弁当を自宅で食べ、昼は会社に配達された弁当を食べるという人もいるでしょう。栄養面やカロリー計算などのメリットも大きい宅配弁当ですが、サービス内容は弁当や大皿のオードブルだけはありません。各種の軽食サービスも人気です。

おにぎりやサンドイッチの軽食

宅配弁当といえば、ランチタイムの弁当を注文するか、宴会などで大人数用のオードブルを頼むシーンをイメージしやすいものです。そのため、ガッツリ食べるのはちょっとという人にはハードルが高いかもしれません。

しかし、宅配弁当のお店が提供しているサービスには、弁当やオードブルとともに軽食もラインナップされています。

・おにぎり

食が細い人には、ボリューム満点のランチ用弁当はもちろんのこと、ライス少な目のオーダーをしても残してしまうことがあります。そこで、気軽に食べられるおにぎりが重宝されます。おにぎり一個だけ注文というわけにはいかなくても、宅配弁当ショップのおにぎりなら「おにぎり弁当」というメニューや、おにぎりのまとめ買い利用ができます。

具材も、おかか、鮭、梅、昆布、明太子などのメジャーなものから、しらす、高菜、ねぎ味噌、トンカツ、ツナマヨなどバラエティに富んでいます。

何人かでシェアすれば、無駄になることもないでしょう。シェアできるのもおにぎりのメリットです。また、日持ちはしませんが、余ったものを持ち帰って食べることが容易な点もおにぎりならではの利用法といえます。

・サンドイッチ

おにぎりもよいですが、軽食の定番商品といえばサンドイッチでしょうか。宅配弁当のサンドイッチなら、気軽に持ち運んで好きなところでつまむことができます。

おにぎりと同様で、残った場合でも持ち帰ることが容易です。ただし、これもおにぎりと同じですが、食べきれないで持ち帰ったり、後で食べたりしようというときは保存方法が問題となります。とくに、夏場などは温度と時間に注意する必要があります。

サンドイッチの種類も豊富で、ミックスサンドや野菜サンド、カツサンドなど自分の好みに合うものを選べます。

ランチだけじゃない宅配弁当の軽食サービス

冷凍の宅配弁当であれば、朝・晩も冷蔵庫から出してレンジでチンして食べることが可能です。しかし、軽食サービスはランチタイムの宅配弁当と一緒で、ランチ以外の利用はできないのではないか。そう思う人もいるでしょう。しかし、軽食サービスはランチだけのものではありません。

営業時間中の配達に対応する宅配弁当

会社で頼む宅配弁当は、概ね午前中の遅い時間に配達されることが多いといえます。多くの事業所で昼休みが12時からの1時間程度となっているためです。そのことから、宅配弁当は昼食の時間にしか届けてもらえないという勘違いが生まれます。

実際には、弁当でもオードブルでも、もちろん、軽食サービスであっても宅配弁当ショップの営業時間内であれば配達してもらえるのが一般的です。

たとえば、午前9時から午後5時までのたいていの企業が営業している時間なら、宅配弁当ショップの営業も行われています。早朝や残業している夜間の配達に対応しているショップも珍しくありません。

残業が多いサラリーマンなら、家に帰るまでの小腹を満たすために軽食サービスを利用する手もあるでしょう。