HOME >  仕事を楽しくする仕出し弁当の選び方 >  飽きのこないお手ごろ弁当を探すなら

飽きのこないお手ごろ弁当を探すなら

市販やデリバリーのお弁当は、どうしてもメニューが単調になり、次第に飽きてしまうという傾向があります。そこでオススメしたいのが、幕の内弁当。ですが、コンビニやスーパーなどで売られている幕の内弁当というと、味もメニューもワンパターンという印象がありませんか?たいていは冷凍食品を多用していたり、揚げ物がメインになっているものがほとんどです。ここでは毎日食べても飽きず、栄養バランスの取れた専門店の幕の内弁当の魅力をご紹介します。

ここが違う!専門店の「幕の内弁当」

お弁当専門店の幕の内弁当は、冷凍食品を使っていない場合が多く、見た目が豪華なのが特徴です。たとえば本サイトで第一位に選んだ「れんが亭」の幕の内弁当には、揚げ物はつかわれていません。その日に仕入れた食材を使用した手作り幕の内弁当を、日替わりで楽しむことができます!旬の食材を新鮮なうちに、もっとも美味しくいただける方法で調理したおかず。いろいろなおかずがちょっとずつたくさん楽しめるので、毎日の食事も楽しくなります。焼き魚、煮物、和え物など、健康のことを考えたヘルシーな調理法なのでなお良いですね。

幕の内弁当とは

幕の内(まくのうち)弁当とは、江戸時代に芝居見物をしていた人が、芝居の幕間(上演の合間)に食べたことから名前がついたお弁当です。幕間に食べるお弁当は芝居見物の楽しみの1つだったため、いろいろな種類のお弁当が次々に開発されていたようです。現在でも幕の内弁当は、駅やコンビニなどで販売されている一般的なお弁当の形として定着しています。

幕の内弁当の基本形は、ご飯と複数のおかず。ゴマを振った俵型のおにぎり、出汁巻きたまご、焼き魚、煮物、かまぼこ、漬物などが定番です。現代ではボリュームのある揚げ物や洋風のおかずが入ることもあります。しかし、健康のことを考えるなら、野菜を使用した和風のおかずがたくさん入ったものが◎。味付けは、京風の薄味が塩分控えめでおすすめです。

飽きのこないお手ごろ弁当を提供してくれるお弁当屋さん

ここまで「飽きのこないお手頃なお弁当」を探すなら、専門店の幕の内弁当がよいと説明してきました。では、「飽きのこないお手頃な幕の内弁当」とはどんなお弁当でしょうか。

わかりやすくはまず、価格のほうから考えてみましょう。幕の内弁当は高めの値段に設定されていることが一般的です。今回はお手頃感を考え、1,500円以下で買える幕の内弁当を扱っているお店を選定しました。

さらに「飽きのこない味」の条件としては、①素材のよさ、②内容のバラエティー感、③素材を生かした味つけ、の3つを意識したお弁当作りをしている店を選定しています。

最後にこれらの要素をカバーしつつ、当然ながら「おいしい」と定評のあるお店、そんな厳選した3店を紹介していきましょう。

かなたに

幕の内弁当を販売して100年以上、おせち料理を他店に先駆けて販売するなど、大阪で長い歴史をもつ「かなたに」。効率よりも素材の鮮度を大切にし、製造場所から売り場までは30分圏内を堅守、丹精込めて一品一品製造しています。人本来の五感に訴える見ても食べてもおいしいお弁当のは、デパ地下店内厨房ではできない大型の釜や焼き物機で調理した本当の手作りです。

  • 住所:大阪府大阪市浪速区敷津西1-9-31
  • 電話番号:0120-183-064

元祖幕の内 1,458円(税込)

かなたにのお弁当_元祖幕の内
画像引用元:かなたに公式HP
(http://www.kanatani.jp/menu.html)

昭和の時代から少しずつ進化を重ね、受け継がれてきたかなたにを代表する幕の内弁当です。一貫づつ手で海苔を巻いた小さなおむすびは、屋外でも食べやすい工夫の一つ。行楽や観劇、地域の催し物などシーンを問わず、年齢性別を問わず喜ばれる折り詰めです。

浪花の四季 1,296円(税込)

※画像はありません。
参照元:かなたに公式HP(http://kanatani.jp/catalog.html?click=side-menu)

目に華やかなちらし寿司にふっくら炊き上げた煮豆、味の染みた煮物、西京焼きに出汁巻き卵など、バランスよくあしらったお得なお弁当です。生の野菜や魚から手間暇かけたバラエティーに富んだ味を楽しめます。

大阪船場弁当

「冷めてもおいしい」にこだわっている大阪船場弁当。最もおいしい状態でお届けするため、すべての商品は自社便で配送しています。またイベントなどの際には、保冷車や大型電子ジャーの貸し出しにも応じるなどユニークなサービスも。ボリュームがしっかりあり、和洋中の料理人が作るバラエティー豊かなメニューが人気の秘密です。

  • 住所:大阪府大阪市大正区三軒家東3-11-44
  • 電話番号:06-6556-0150

幕の内弁当(B) 700円(税込)

大阪船場弁当のお弁当_幕の内弁当(B)
画像引用元:大阪船場弁当公式HP
(https://www.senbabento.com/products/detail/78)

日々の気温や湿度に合わせて水加減を工夫しているというふっくらご飯に、肉じゃが、鶏のから揚げ、鮭の塩焼き、焼きそばなども合わせたボリュームのある幕の内弁当です。惣菜とご飯のバランスがよいと人気です。

12マス(和) 1,296円(税込)

大阪船場弁当のお弁当_12マス(和)
画像引用元:大阪船場弁当公式HP
(https://www.senbabento.com/products/detail/5)

ちらし寿司、かやくご飯、香の物など、4種類の味が楽しめるご飯の列、牛すき煮、煮物、焼き魚の入ったメインの総菜の列、パンプキンサラダや胡麻和えなどの箸休めの列という3列・12種類の味を楽しめるお弁当です。

かどや

「お客様の細かな要望や不満に対応する」ことを大切にしているかどや。メニュー以外にも事前の相談で「揚げ物少な目」といった注文に応じてくれるほか、「急に人数が増えた」といった緊急事態にも対応してくれます。もちろん味も好評で、「ご飯がおいしい」「この値段でこの味!次回も頼みます!」といった会社利用のリピーターが多い納得のお弁当屋さんです。

  • 住所:大阪市都島区大東町1-14-9
  • 電話番号:06-6925-4147

松花堂(しょうかどう)上幕の内弁当(さくら)No.23 1,080円(税込)

かどやのお弁当_松花堂さくら
画像引用元:かどや公式HP
(http://www.mydoykadoya.com/松花堂-上幕の内弁当(さくら)no23/)

鮭甘塩焼き、出し巻きたまご、ハンバーグ、牛肉糸コン炒め、煮物、ナスの煮びたし、和え物、など人気の食材を集めました。和風洋風と人気のお惣菜を盛りつけた幕の内弁当です。色とりどりの9マス弁当は見た目にも華やか。

No.36 ミックスグリル 上幕の内弁1,080円(税込)

かどやのお弁当_ミックスグリル 上幕の内弁
画像引用元:かどや公式HP
(http://www.mydoykadoya.com/ミックスグリル-上幕の内弁当-no-36/)

定番のデミグラスソースハンバーグをメインにエビフライ、唐揚げのほか、ほうれん草とベーコンのバター炒め、ナスの煮びたし、酢の物、パンプキンサラダ、鴨肉パストラミなど野菜のおかずもたくさん。