HOME >  仕事を楽しくする仕出し弁当の選び方 >  飽きのこないお手ごろ弁当を探すなら

飽きのこないお手ごろ弁当を探すなら

市販やデリバリーのお弁当は、どうしてもメニューが単調になり、次第に飽きてしまうという傾向があります。そこでオススメしたいのが、幕の内弁当。ですが、コンビニやスーパーなどで売られている幕の内弁当というと、味もメニューもワンパターンという印象がありませんか?たいていは冷凍食品を多用していたり、揚げ物がメインになっているものがほとんどです。ここでは毎日食べても飽きず、栄養バランスの取れた専門店の幕の内弁当の魅力をご紹介します。

ここが違う!専門店の「幕の内弁当」

お弁当専門店の幕の内弁当は、冷凍食品を使っていない場合が多く、見た目が豪華なのが特徴です。たとえば本サイトで第一位に選んだ「れんが亭」の幕の内弁当には、揚げ物はつかわれていません。その日に仕入れた食材を使用した手作り幕の内弁当を、日替わりで楽しむことができます!旬の食材を新鮮なうちに、もっとも美味しくいただける方法で調理したおかず。いろいろなおかずがちょっとずつたくさん楽しめるので、毎日の食事も楽しくなります。焼き魚、煮物、和え物など、健康のことを考えたヘルシーな調理法なのでなお良いですね。

幕の内弁当とは

幕の内(まくのうち)弁当とは、江戸時代に芝居見物をしていた人が、芝居の幕間(上演の合間)に食べたことから名前がついたお弁当です。幕間に食べるお弁当は芝居見物の楽しみの1つだったため、いろいろな種類のお弁当が次々に開発されていたようです。現在でも幕の内弁当は、駅やコンビニなどで販売されている一般的なお弁当の形として定着しています。

幕の内弁当の基本形は、ご飯と複数のおかず。ゴマを振った俵型のおにぎり、出汁巻きたまご、焼き魚、煮物、かまぼこ、漬物などが定番です。現代ではボリュームのある揚げ物や洋風のおかずが入ることもあります。しかし、健康のことを考えるなら、野菜を使用した和風のおかずがたくさん入ったものが◎。味付けは、京風の薄味が塩分控えめでおすすめです。