HOME >  大阪の宅配お弁当屋さんを調査 >  がっつり本舗 住之江店

がっつり本舗 住之江店

がっつり本舗 住之江店

がっつり本舗 住之江店は、堺を中心に展開する大阪の宅配弁当業者です。その名の通りがっつり系のボリュームはもちろん、素材や仕込みにもこだわりを見せます。こちらでは、大阪の宅配弁当業者「がっつり本舗」についてご紹介します。

仕込みへのこだわり

がっつり本舗 住之江店では、お客さんへのお弁当の提供時間に合わせて、毎日早朝から仕込みをおこなっています。

調理をおこなう料理人が納得がいくまで試行錯誤を繰り返すお弁当ですから、仕込みも他店に比べて時間がかかるそうです。「おいしさの追求」を忘れず日々調理に励んでいるため、こだわりをもった自家製の調味料ひとつとっても手間がかかります。

中でも、お弁当に添えられているソース類は絶品。とんかつソースはごまを煎るところからはじめて、すった後に特製からしなどとブレンドしています。おろしソースやタルタルソースも、もちろん自家製で時間をかけて少しでも旨味を引き出せるようにこだわっているのです。中には、ソースの味を求めてリピートするお客さんもいるほど。

大阪の人がソースにかける熱意には並々ならぬものがあります。4種類以上のソースをストックしている家庭も珍しくありません。ソースひとつにもとことんこだわった仕込みを続けることで、多くのリピーターを獲得している弁当屋さんです。

「がっつり」へのこだわり

がっつり本舗では「ちゃんと蓋が閉まってないんですが…」という問い合わせがよくあるそうです。

つまり、店名が表すとおり「がっつり」ボリュームがあることで、蓋が閉まらないということ。それほどまでに、ボリュームにこだわりがあるということなんです。

例えば同店での人気メニュー、ハンバーグはなんと、200グラムの大ボリューム。とんかつ弁当も150グラムの肉厚です。もちろんお米にもごだわっていて、大きな容器に入っているのは冷めてもモチモチで美味しいお米・ミルキークイーンを使用。これらが積み重なり、通常サイズでも「大盛り」と呼べるボリュームで提供されています。

もちろん分量は調節できますから、気軽に伝えてみましょう。

こだわりのだし巻き玉子

がっつり本舗 住之江店は、だし巻き玉子にもこだわっています。シンプルな一品だからこそ、素材の味と料理人の腕が試されるメニュー。

卵は福井県の地養卵を使用、だし巻きの命ともいえるだし汁は、大阪の老舗カネマン村瀬の「国産天然だし」を使っています。

がっつり本舗のだし巻き玉子に対するこだわりは、だし巻き玉子をメインとした「だし巻弁当」をメニューに加えていることにも現れています。