HOME >  大阪の宅配お弁当屋さんを調査 >  大阪船場弁当

大阪船場弁当

大阪を中心とした宅配弁当業者「大阪船場弁当」で人気の弁当メニュー、料理へのこだわりなど詳しくを紹介しています。会議やもてなしに使えるメニュー紹介や、注文方法・価格についての情報も集めました。

バラエティー豊かなお弁当メニュー

宅配弁当や仕出しを大阪中心に配達している大阪船場弁当。安全を第一に、安心して美味しく食べられるものを届けることを理念としています。

<会議に使える彩りのよいお弁当>
大阪船場弁当のメニューは、おかずやご飯の種類が多いのが特徴。お弁当箱の仕切りが9~12マスに仕切られているお弁当は、ちょっとずついろいろな味を楽しみたい人にうってつけです。ちらし寿司や豆ご飯、煮つけや串揚げなどが彩りよく盛られており、見た目も美しいので大事な会議や来客用にもピッタリ。

<和風から中華まで多彩なメニュー>
その他のお弁当も、和風から中華までバラエティー豊か。とくに、和風弁当にはサバの煮付や鶏のから揚げなどの定番が多くラインナップされています。また、シーフードドリアや天津丼、焼き肉ビビンバ丼など、仕出しには珍しいメニューがあるのも特徴。栄養士が考案した、ヘルシー弁当の用意もあります。ただし、ヘルシー弁当の価格は1000円以上とやや高め。600~800円くらいのお弁当はリーズナブルですが、揚げ物メインです。また、注文は1種類につき5個以上からとなっているので、その点も注意が必要です。

<オードブルとパッケージ料理>
イベントやパーティで活躍するオードブルやパッケージ料理も豊富。オードブルは、和風・中華・洋風の3種から選ぶことができます。20種類のおかずから好きな物を選べるオードブルもあります。ただし、オードブルは1種類につき5個以上からの注文となるので、あまり量が必要でないときは使いにくいかも。パッケージ料理(ケータリングサービス)では、イベント会場などにスタッフが出向き、その場で調理をして料理を提供してくれます。1パッケージは30人前、こちらも和風・中華・洋風から選択可能です。慶弔用の特別なお弁当も揃い、さまざまなシーンで利用できるのも大阪船場弁当の特徴です。

美味しさへのこだわり

『お弁当は外食などとは考え方が異なり、「冷めても美味しい」ものを商品として提供しなくてはならない』。大阪船場弁当は常にその点を踏まえ、冷めても美味しい味付けや、配送方法に工夫を凝らしています。最も美味しい状態でお弁当を食べてもらうため、配達は業者に外注したりせずすべて自社便を使用。製造から配達までの工程に責任を持っています。また、ロケや野外イベントの場合には保冷車の提供もあるそうです。

食の安全についてもこだわっています。食材を安全に保存するための真空冷却機、加熱調理済みの料理を衛生的に冷ます空冷冷却機、電解水生成装置などを導入。より高い安全性を確保しています。安全のため、大阪船場弁当のご飯は冷ましてから詰められていますが、温かいご飯を保温容器で届けてくれるサービスもあるそうです。冬場には重宝しそうなサービスですね。

配達エリア・価格・注文方法

<店舗所在地>
・大阪市大正区三軒家東3-11-44
・注文受付時間:平日9時~18時・土日10時~16時。配達予定日の前日まで。
・URL:http://www.senbabento.com/

<配達エリア>
大阪府の大部分と兵庫県の一部。
大阪市内は注文合計10,000円から、神戸市以東・大阪府内一部地域は注文合計20,000円以上から配達可能。
配達可能エリア以外の地域に関しては別途相談。遠方エリアへの配達は、注文数によって高速代を別途請求される場合アリ。

<価格>
・会議弁当:1,050~2,000円
・行楽弁当:630~1,890円
・イベント・ロケ:735~2,000円
・オードブル:5,250円~
・ケータリング:31,500円~
・法事・慶事:3,150~7,665円

<注文方法>
1.ホームページでメニューを決め、電話もしくは注文フォームから注文。ホームページから注文すると、「仮注文確認メール」が自動送信される。
2.店舗のスタッフが注文内容を確認し、「受注確定メール」を送信。
3.配達日の2日前に「配達確認メール」が送信される。再度、注文内容を確認。
4.注文時に指定した日時に商品を配達。支払いは、受け取りの際に現金で配達員に支払う。
※注文のキャンセルは、配達日の3日前までに電話連絡。注文内容の変更は、配達日の前日まで電話で受付。