HOME >  大阪の宅配お弁当屋さんを調査 >  たごさく 阪神梅田本店

たごさく 阪神梅田本店

四季折々の食材が楽しめる

大阪にて、弁当・おこわ・おにぎりなどの弁当を販売している「たごさく」。日本人が二千年以上も育て、生きる糧としてきた”お米”にこだわった商品づくりを続ける会社です。

手間暇をかけてつくられるこだわりのおこわ

たごさくは、弁当をはじめ、おこわ・いなり・おにぎりなどを取り扱っているお弁当屋さんです。

特に「おこわ」には並々ならぬこだわりがあり、赤飯・五目・粟豆を使った定番のおこわだけではなく、たけのこ・うなぎ・マツタケなどの食材を贅沢に使ったおこわも置いています。

普段の食事にピッタリな低価格おこわから、特別な日に食べたい高級おこわ弁当まで、約30種類ものラインナップを用意。普段の食事から特別な日まで、四季折々の食材を使った弁当で舌を楽しませてくれます。

「四季の彩り」をテーマにしたお弁当やおこわを提供

たごさくをはじめ、食に関するグループ会社を経営する食品会社・山和食品株式会社。すべての商品に共通するテーマは、「四季の彩り」です。

世界的に見ても、日本ほど四季の変化が鮮やかな国は珍しいもの。昔から日本人は四季の移り変わりを詩や歌に残し、季節に感謝しながら生きてきました。「自然の恵みに感謝しながら生きる喜びを共有したい」。そんな創業者の思いから、おこわやお弁当の販売を続けています。

メインのお米に、その季節だからこそおいしく頂ける食材を組み合わせは、どことなく懐かしい「ごはん」を思い出させてくれるでしょう。

ちょっと変わった店名「たごさく」の由来

「たごさく」という言葉は、田舎に住んでいる人や農民をばかにする、農民たちが自分たちを卑下するといった使われ方をしていました。

たごさくを漢字で書くと「田吾作」。これは”田を吾は作る”や”田は吾を作る”という意味にも取れます。農耕民族として発展してきた日本人が、食を生み出す「田」を守り、耕し、作り上げてゆく。このひょうきんな名前をあえてお弁当屋さんの看板として掲げているのは、都会でも関係なく”ふるさとの味”をより多くの方に味わってもらいたいという創業者の思いから。食を生み出してくれる「田んぼ」に感謝し、日本の美しい田を次世代に残すための仕事の一環として、お米にこだわった商品を提供しています。

配達エリア・価格・注文方法

店舗所在地

店舗名 たごさく 阪神梅田本店
所在地 大阪府大阪市北区梅田1-13-13 阪神百貨店梅田本店
営業時間 月・火・日・祝10:00~20:00
水~土10:00~21:00
定休日 不定休(阪神百貨店梅田本店に準ずる)

配達エリア

不明

注文方法

電話:06-6348-1553

売れ筋弁当

  • ハンバーグとコロッケ弁当
  • なでしこ弁当
  • 天ぷら盛り合わせ弁当